年始の挨拶に手土産って必要?のしや時期のマナーは?実家・上司・ビジネス相手対策!

スポンサードリンク

社会人として働いたり、
結婚して家庭を持ったりすると、
年始の挨拶に行く機会が増えてきますよね。

そんな挨拶の際、
手土産って持っていく必要あるのでしょうか?

持っていくにしても、
のしなどのマナーも複雑そう・・・。

旦那・奥さんの義実家だったり、
上司やビジネス相手によって手土産も変えるのか・・・。

はい、色んな悩みが出てきますよね(笑)

年始の挨拶本番で焦らないよう、
ここでしっかりと手土産マナーについて予習しておきましょう。

 

手土産を持っていくのが年始の挨拶のマナー

まず基本的にですが、
挨拶には手土産があった方がいいです。

「お歳暮出してたら必要ないよ」

っという意見もチラホラありますが、
やっぱり手ぶらで行くのって勇気いりますからね。

だったら最初から手土産用意した方が安心です。

 

年始の挨拶に伺う時期は?

義実家、上司、ビジネス相手・・・エトセトラ。

挨拶に伺うところは数あれど、
伺うべき時期は決まっているのです。

それは、

基本的には松の内(1月7日)
※遅くとも小正月まで(1月15日)

となっています。

これって結構タイトなスケジュールですよね。

義実家ならまだしも、
上司、ビジネス相手なども挨拶するとしたら、
かなーり大変な仕事になってしまいます。

なので、あまり無理な予定にはせず、
15日までに年始の挨拶をすませて行きましょう。

 

手土産につけるのしのマナー

年始の挨拶は婚礼などとは違って、
「何度あってもいい」お祝いですよね。

なので、のし紙は、

5本または7本の紅白花結
または蝶結び

にしましょう。

その際、手土産の包装紙上からかけるので、
「外のし」にしてくださいね。

のしには、

御年賀

と記しておきます。

書く場所は水引中央の上あたり、
濃いめの墨で書きます。

そして水引中央の下あたりに、
御年賀より小さい文字でフルネームを記入すればOK。

ちなみにですが。

御年賀

っというのしを付けられるのは、
相手先に直接伺う時のみ、というのを覚えておいてください。

どこかのデパート・店で購入して宅配する場合は、
御年賀という言葉はマナー違反となります。

 

相手別!年始の挨拶における手土産対策

それでは、挨拶をする相手に分けて、
手土産やマナー対策をお伝えしていきますね。

まず手土産選びの大前提、
根底に持っておくべき心構えがあります。

それは、

自分が贈りたいモノではなく、
相手が嬉しがってもらえそうなモノにする

ということ。

なるべく注意していたとしても、
意外に自分よがりなチョイスをしてしまいがちです。

挨拶をする相手のことを思い返し、
好み・趣向、人数構成にあった手土産がベターです。

そして全体的な挨拶の基本的マナーとして、
以下の3点があります。

①挨拶に伺う時間を事前に伝えておく
②手土産は袋などから出して渡す
③残った袋などは必ず持ち帰る

特に、②・③あたりはうっかりしてしまい、
マナー違反をしてしまいがち。

②で手土産を渡す際には、
のしを相手が読める方向にするのも忘れないよう注意です。

それでは、相手別により詳しくご説明します★

 

義実家への挨拶の場合

送る手土産としては、

デパートなどで買える洋菓子
干支をモチーフにした和菓子

などが無難でいいですね。

あまり奇をてらったモノではなく、
王道路線をチョイスしておきましょう。

旦那・奥さんに兄弟がいる場合などは、
義実家にたくさんの手土産が集まる可能性もあります。

そんな場合、すぐには食べきれないので、
なるべく日持ちするモノを選ぶのがベターです。

また。

久しぶりの義実家だと緊張してしまい、
玄関でワタワタと渡してしまうかもしれませんね。

しかし、それは礼儀的によろしくないので、
落ち着いて、部屋に上がってから渡すようにしましょう。

 

上司への挨拶の場合

上司の好み・趣向にあったモノ
上司の家族に向けたモノ

このような二段構えの手土産を用意し、
挨拶に臨むのがいいですね。

上司とは普段一緒に仕事していますから、
ある程度、好みも把握しているはず。

お酒が好きなのか、
甘いものが好きなのか、
それとも辛いものが好きなのか。

上司の人となりを思い返しつつ、
喜んでくれそうなモノを選びましょう。

それに加え、上司の家族に向けても、
無難なお菓子などを添えるといいですね。

 

ビジネス相手への挨拶の場合

ビジネス相手の場合には、
必然的に、人数構成が多くなりますよね。

なので、

個包装されているお菓子

が使い勝手よく喜ばれます。

特に、近場で買えるようなモノでなく、
地域限定商品だとよりベターですね。

「あえて用意してくれたんだ」

という感想を持ってもらえて、
他の会社よりも良いイメージを与えられます。

そして、手土産選びの前に、

ビジネス相手の部署人数
冷蔵庫があるか

などはチェックしておきましょう。

また。

年始の忙しい時期ですので、
挨拶に伺っても最長30分以内で退席するのがマナーです。

相手側からはなかなか言い出しにくいので、
自ら切り出す方がいいですね。

 

自分or相手が喪中の場合は?

自分もしくは相手が喪中だった際は、
年始の挨拶は控えておきましょう。

その際、相手に一言断りを入れておくと、
マナー的により良いです。

そして松の内を外し、

寒中(1月8~2月3)

に挨拶に伺うのがいいでしょう。

その際、手土産の表書きは「寒中見舞い」となります。

 

手土産マナーのまとめ

心を込めて用意した手土産ならば、
誰でも受け取って嬉しいもの。

今後の関係をより良くする為にも、
相手が喜んでくれそうなモノを選びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です