年賀はがきを使用して寒中見舞いを出すのは失礼になるの?

スポンサードリンク

毎年たくさんの枚数を購入する、年賀はがき。

多くの人が年賀はがきを余らせると思いますが、
それを寒中見舞いなどに使うのはありなのでしょうか?

せっかく買ったものですから、
有効活用したくなっちゃいますよね。

けど、マナー的に大丈夫なのかとても不安・・・。

そんな余った年賀はがき問題を解決すべく、
詳しい情報をお伝えしちゃいます!

 

寒中見舞いに年賀はがき使用はNG!

最初にズバッと答えを書くと、
寒中見舞いに使うのはマナー的にNGです。

まずそもそも論として、
それぞれの便りの役割が違うんですよね。

年賀はがき
→新年を迎えたお祝いの言葉を伝える

寒中見舞い
→寒さが厳しい時期の受取人の安否を伺う

このように、双方の伝えたい内容を見ると、
かなり異なっているのが分かります。

なので、年賀はがきが余ったからといって、
寒中見舞いに転用するのはダメなんですね。

特に受取人が喪中の場合は、
これ以上ないくらいのNG行為となるので注意しましょう。

 

余った年賀はがきの使い道あれこれ

そうはいっても・・・、
目の前にある余った年賀状を処理したい・・・!

そんなお悩みを抱えている方には、
以下のような使い道をオススメします。

通常はがきに交換してもらう

郵便局に余った年賀はがきを持っていくと、
通常のはがきに交換してくれるんです。

ちょっとマイナスポイントなのは、

有料(5円の手数料)

だということ。

しかし、書き損じであっても交換できるので、
この方法が一番簡単だと思います。

金券ショップに売る

街中に見かける金券ショップなどに、
年賀はがきを売ることもできちゃいます。

その際、ぜひ気をつけたいのは、

お年玉抽選結果が出る前に売る

ということ。

ハズレの年賀はがきだと判明してしまうと、
ガクッと買取価格が下がります。

なので、早めに売りに行くのがいいですね。

懸賞などの応募はがきに使用する

テレビや雑誌の懸賞などに応募する時は、
年賀はがきを使用してもOKです。

あまり景品への欲を出さず、

「私は年賀はがきを処理したいだけ」

という考えで応募した方が、
案外当選しちゃったりするかもしれませんね(笑)

 

寒中見舞いを出す時のマナー・文例など

まず、寒中見舞いを出す時期は、

1月8~2月3日まで

という慣例になっています。

正月の松の内(1月7日)が明け、
節分(2月3日)が終わるまでの約一ヶ月間。

こうしてみると長い期間がありますが、
なるべく早く送った方がベターなのは間違いありません。

また、使用できるはがきは、

官製はがき(切手が印刷されているもの)
私製はがき(ポストカードなど)

の二種類となっています。

私製はがきは色んなデザインがありますが、
あまり派手すぎないものを選びましょう。

特に、受取人が喪中だったりする場合は、
控えめなデザインにするべきです。

 

寒中見舞いの文例

それではここで、
1つ文例をご紹介いたしますね。

—————-

寒中お見舞い申し上げます。

厳しい寒さが続いておりますが、
皆様お元気でいらっしゃいますか。

時節柄、風邪などをお召しになられぬよう、
何卒ご自愛くださいませ。

平成○○年 一月吉日

—————-

・挨拶
・相手の近況を伺う言葉
・相手の健康を願う言葉
・日時

これらの要素を含みつつ、
シンプルにまとめるのがいいですね。

寒中見舞いなどの季節のお便りは、

もらうと誰でも心が温かくなるものです。

年賀はがきの使用はNGですが、
他のはがきを用意して、ぜひ送ってあげてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です