喪中期間にもらった年賀状への返事は寒中見舞いでいい?文例が知りたい!

スポンサードリンク

近親者に不幸があった場合、
年賀状を控えてもらう「喪中はがき」を送ります。

だいたい、

11月~12月中旬頃

に送るのがマナーとされています。

しかし、年末の忙しさで遅れたり、
喪中はがきを送ったのに、年賀状が届くケースもありますよね。

そんな事態になった場合、
こちらからの返事はどうすればいいのでしょう?

詳しくお伝えしていきますね!

 

喪中期にもらった年賀状は寒中見舞いで返事

喪中にも関わらず届いた年賀状には、
寒中見舞いでの返事がベストです。

しかし、状況によって少し対応が変わってきます。

 

①喪中はがきを出してる場合

年内にすでに喪中はがきを送っている場合には、
改めて寒中見舞いをする必要はありません。

相手がこちらの知らせを、
うっかり見落としてしまっただけですからね。

相手方に喪中はがきがあるわけですから、
こちらから特別にリアクションする必要はないですよ。

 

②喪中はがきを出せてなかった場合

年末の忙しさや、こちらの確認ミスで、
喪中はがきを送っていない方から年賀状が来た場合。

改めて、寒中見舞いを送付しましょう。

こちらから送付するのは、

松の内明けから節分まで(1月8日~2月3日)

という期間内にしてください。

一ヶ月ほどの期間はありますが、
やはり早めに送る方がマナーがいいですね。

 

寒中見舞いで返事する時の注意点

普段あまり書く機会のない、寒中見舞い。

送る時期については前述しましたが、
他にもいろいろと注意すべきポイントがあります。

①めでたい文字は使用NG

喪中であることを伝える内容なので、
年賀状などに使う、祝い言葉は使わないようにしましょう。

代表的な言葉でいうと、

などがありますね。

②正月・干支を連想させるデザインはNG

めでたい新年の挨拶ではありませんから、
干支の動物だったり、正月を思い浮かべるデザインは避けましょう。

やはり寒中見舞いですから、

・冬ならではの風景
・冬ならではの動物

などがいいですね。

③私製はがき・通常はがきを使用する

私製・通常はがきを使って送りましょう。

切手も特にこだわることなく、
通常切手を使って問題ありません。

 

寒中見舞いによる返事の文例

喪中はがきを出し忘れていた場合、
寒中見舞いの返事で書くべき内容はこちらです。

①年賀状を受け取ったことへのお礼
②故人の情報
③知らせが遅れたことへのお詫び
④今後も変わらぬ関係のお願い

こちらの4点が含まれていれば問題ありません。

それではここで、
寒中見舞いの文例をご紹介しますね。

————————–

寒中お見舞い申し上げます。

この度は、ご丁寧なご挨拶をいただきまして、
有り難く存知ます。

昨年■月、私共の祖母★★が逝去したことにより、
こちらからの新年の挨拶を控えさせていただいておりました。

事前に欠礼のお知らせが行き届きませんでしたこと、
誠に申し訳ございませんでした。

本年も、何卒よろしくお願いいたします。

20XX年(平成XX年)一月

————————–

書きなれない、寒中見舞いでの返事。

マナー違反にならないよう、
注意すべきポイントを確認しながら、
落ち着いて書くようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です