新年の挨拶メールを上司に出すのはアリ?例文や件名のマナーは?

スポンサードリンク

新年の挨拶をメールで上司にしても大丈夫??

職場の上司や同僚への挨拶ですが、
本来なら、やっぱり年賀状で出すべきですよね。

しかし、年末までバタバタしていると、
年賀状を用意するのも一苦労です。

『大掃除とかやる事いっぱいあって、
手が回らない~~~~!』

っという感じに、
どうしても焦ってしまいますよね。

それに最近では、
会社内での個人情報を保護する目的で、
社員間で住所を開示しあわない規定もあったりします。

そういった場合には、
新年の挨拶をメールで上司にすることもあります。

しかし、あくまでメールは事務的な連絡手段に変わりありません。

年初のおめでたい連絡ですので、
それに合った、マナーある文章を心掛けたいもの。

そこでここでは、
上司にメールで新年の挨拶をする際の、
注意点・マナーなどをお伝えしたいと思います!

 

メールを送る前に確認すべきこと

さっそく新年の挨拶を書きたいところですが、
まず、確認したいことがあります。

それは、

上司がメールでの挨拶を「良し」とする人かどうか?

というポイントです。

『メールなんて無礼だ!けしからん!』

なのか、

『おお、まあいいんじゃない?』

なのか。

上司の価値観・考え方によって、
メールに対する反応が違ってきます。

あまり良く思っていない場合には、
お祝いの言葉も、そのまま受け取ってもらえません。

なので、新年の挨拶を考える前に、
このポイントはしっかり確認しておきましょう。

 

メール作成時の注意点・マナー

メールで挨拶をしていく際も、
基本的には年賀状のマナーと同じです。

メール限定の内容なども含みつつ、
いくつかご紹介していきます。

二文字の賀詞は使ってはいけない

賀正

などの、二文字に短くした賀詞は、
目上の人には基本的に使ってはいけません。

そうではなく、

謹賀新年

などを使用するようにしましょう。

忌み言葉を使ってはいけない

絶える、枯れる、朽ちる

などの「おわり」を意味してしまう、
いわゆる忌み言葉を使うのはNGです。

そして、油断しがちなのが、

去年

という文字。

普段の生活でもよく使いますが、
「去」という字も新年にはふさわしくないので、
昨年などを使用してください。

件名や宛名も気を抜かない

普段のメールなら件名を入れず、
そのまま出してしまう事もありますが・・・。

ここはしっかりと気を抜かず、
マナーある言葉を入れておきましょう。

新年のご挨拶
謹賀新年

などが、
端的でふさわしいですよ。

また、メール冒頭に書く宛名ですが、
「フルネーム+肩書(ある場合)」という様に、
正式な書き方をするべきです。

挨拶メールを出す日・時間帯

通常、新年の挨拶というものは、
1月7日(松の内)までにするのが礼儀とされています。

しかし、これはあくまで目安なので、
やはり挨拶は早いに越したことはありません。

なのでここは、

元旦(1月1日)

に送信することをオススメします。

また、送る時間帯も、
常識あるタイミングにするべきです。

早朝や夜などを外して、

午前10時頃~午後5時頃

くらいのタイミングが、
上司へのメールとしてはベストですよ。

 

新年の挨拶の例文

メールの基本構成はこちらになります。

①宛名(上司フルネーム+肩書)
②新年のご挨拶
③昨年いただいた配慮などへのお礼
④新年の仕事などへの抱負
⑤年号・日時
⑥署名

年賀状では句読点をつけないのがマナーですが・・・。

メールで新年の挨拶をする場合、
句読点をつけた方が見やすくなりますので、
適宜つけるようにしmす。

それでは1つ、例文をご紹介しましょう。

——————————-
【件名】

謹賀新年

【本文】

●●次長

明けましておめでとうございます。

昨年は公私にわたり、格別のご配慮をいただき、
誠にありがとうございました。

まだまだ未熟者ではございますが、
業務に尽力し、一歩一歩成長していく所存です。

今年もよろしくご指導ご鞭撻くださいますよう、
お願い申し上げます。

平成二十九年 元旦

●●営業部 ●●
——————————-

このような形になります。

もちろん、昨年までの上司の思い出など、
オリジナリティを含めた方が、より温かみのある文章になります。

せっかくの新年の挨拶ですから、
相手のことを考え、より良い内容を目指してみてください\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です