年賀状で社長への一言!?書き方のポイントやNGなマナーを解説!

スポンサードリンク

社長への年賀状で一言直筆する時、
どんな事を書くべきなのでしょうか?

最近は年賀状を出す機会も減ってきて、
友達とかには、メールですませる事も多いはず。

12月という忙しい時期に、
年賀状を買っていろいろと印刷したり、
投函する手間はかなり大変ですよね。

しかし、仕事で関わりのある方には、
年賀状で新年の挨拶をするのがベストです。

特に社長とは普段あまり話す機会もないので、
年賀状は、とてもいいコミュニケーション手段になります。

そんな時、気の利いた一言を添えれば、
他の社員と一線を画すことができちゃいますよ。

年賀状での一言の書き方や、
気をつけるべきマナーについてご紹介します。

 

社長への年賀状に添える一言は?

社長や上司に対する年賀状の一言は、
以下のような内容を書くのがいいでしょう。

・昨年いただいた配慮へのお礼
・新年に対する抱負
・新年におけるお願い

このようなタイプに分けて考えて、
最も書きやすいものをチョイスしましょう。

添える一言でよくあるのが、

『今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど
何卒よろしくお願い申し上げます』

などですね。

これは社長などへの一言として、
もちろん不適切な内容ではないですが・・・。

あまりにもありきたりすぎて、
直筆で書いてもあまり印象に残りません。

多くの人が使う文章ですので、
とても味気ないものになってしまいます。

前述したように、年賀状は、

社長との貴重なコミュニケーション手段

の1つです。

マナーや書き方に気をつけて、
オリジナリティのある一言を添えれば、
とても強いインパクトを残せます。

一言にオリジナリティを出すには?

最も簡単なのは、

社長との会話など思い出を踏まえた言葉

にするということです。

ありきたりな一言とは違い、
思い出を土台にした言葉にすれば、
一気にオリジナリティが溢れてきます。

社長との会話内容はもちろん、
行動や、いただいた配慮などを思い出し、
一言に含めていきましょう。

人間味や温かみがとても感じられる、
いい年賀状になりますよ。

 

年賀状の書き方の基本!文章構成やNGなマナーは?

基本とされる年賀状の書き方は、

①賀詞
②昨年の配慮などに対するお礼
③新年も変わらぬお付き合いのお願い
④相手の幸せ・活躍を祈る言葉
⑤年号月日

という流れになっています。

すべてを手書きは大変なので、
一言を直筆で添える部分以外については、
印刷で問題はありません。

やってはいけない!年賀状のNGなマナー

①短縮された賀詞

・賀正
・迎春

など、短縮された賀詞がありますが、
社長など、目上の方への年賀状においては、
使わないことがマナーとされています。

なので「謹賀新年」など、
短縮されていない文言で記載しましょう。

②添える一言に句読点をつけない

普通の文章では

・「。」
・「、」

などの句読点をつけるのは普通のこと。

しかし、年賀状においては、
句読点は「おわり」を表す意味合いもあるので、
使うのはNGなマナーとなります。

③忌み言葉を使わない

年賀状は新年を祝う、めでたいものです。

なので、年賀状で使われる言葉も、
すべてめでたい言葉で溢れさせるのがマナー。

よって、

・「古い」
・「絶える」
・「乱れる」

など、忌み言葉と呼ばれるNGワードは、
絶対に使わないようにしましょう。

意外にやってしまいがちなNGなマナー。

社長への年賀状でのマナー違反は、
思わぬ不利益につながる可能性もあります。

しっかりと年賀状のマナーを守り、
オリジナリティを出してアピールしましょう!

 

まとめ

どんなに気のきいた一言を沿えても、
元旦に社長宅に届かなければ意味がありません。

毎年「12月25日まで」に投函すれば、
確実に元旦に間に合うとされています。

とっても忙しい12月だからこそ、
計画的に、早め早めに投函するようにしてくださいね★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です