インフルエンザの解熱後はいつから出勤してOK?感染力がある咳を抑えるには?

スポンサードリンク

インフルエンザの解熱後、
いつ頃から出勤してもいいのでしょうか?

寒い時期が近づいてくると、
インフルエンザにかかる人も多くなってきますよね。

昨年は僕の姉もインフルエンザにかかり、
すごくツラくて大変そうでした。

仕事が忙しい時期だったようなので、
解熱後、出勤可能になるとスグに活動再開してました。

身近な人がインフルエンザにかかったので、
当時いろいろと情報を調べておいたんですよね。

11月~3月頃に猛威を振るうインフルエンザ。

解熱後、会社などに出勤可能になるまでの日数など、
役立つ情報をお伝えしていきます。

 

インフルエンザ解熱後に出勤OKなのはいつ頃?

インフルエンザから復活できるタイミングは、
子供だけは、法律で決められています。

それが、

発症してから5日間
解熱してから2日間(幼児は3日間)

というものです。

意外にも法律による規定があるのですが、
大人の出勤に対しては、明記されていません。

しかし、インフルエンザで注意すべきなのは、
周りへの二次感染を防ぐことです。

なので、子供に対する法律の日数を、
大人にも適用する場合が多くなっています。

もちろん、会社の考え方によって違いはあるので、
解熱後の出勤などについて、確認しておくことが大切です。

『最低●●日は休まなければダメ』
『家族がインフルエンザになったら、出社してはいけない』

などなど、
色んなバリエーションがありますからね。

日数の数え方は?

発症してから5日間、解熱してから2日間。

この日数の数え方ですが、
少し気をつけないといけません。

注意すべきなのは、

インフルエンザを発症した日・解熱した日、
どちらも「0日」として数える

ということなのです。

つまり、

・1月1日に発症したなら、6日が5日後
・1月6日に解熱したなら、8日が2日後

となります。

少し間違いやすい数え方ですが、
正確な出勤可能日を知るためにも、
覚えるようにしてくださいね。

 

「解熱した」といえるのは何度から?

ここまでインフルエンザについて、
色々と説明してきましたが・・・。

そもそも論といたしまして、
「解熱した」と言ってOKなのは、
一体何度からなのでしょうか?

色々な考え方があるとは思いますが、
一般的には「平熱まで収まったら」となっています。

人によって平熱も違うかと思いますが、
多くは「37度未満」となります。

抗インフルエンザ薬などで楽になっても、
平熱以上の場合には、二次感染に気をつけた方が賢明ですね。

 

インフルエンザ回復までの流れと二次感染予防

インフルエンザにかかってしまったら、
まずは内科を受診してください。

発症から48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与すれば、
解熱までの期間が短くなります。

約2日ほどの時間が勝負になるので、
体の倦怠感を感じたら、早めに病院に行ってくださいね。

適切な処置をしてもらえたら、
だいたい1週間ほどで回復に向かいます。

しかし、インフルエンザ解熱後も、
体の色んな場所に症状が出てくる場合があります。

例えば、

・中耳炎などの耳の痛み
・急性咽頭炎などの喉の痛み

などになります。

インフルエンザは内科ですが、
解熱後のこういった多様な症状については、
それぞれに合った科を受診するようにしましょう。

咳などによる二次感染予防にはマスク!

インフルエンザの症状が収まり、
解熱しても、咳などに感染力が残る場合があります。

そもそもインフルエンザは、

・咳、くしゃみによる飛沫感染
・電車の手すりなどの接触感染

などが、メインの感染経路です。

インフルエンザで大切なのは、二次感染を防ぐこと。

自分は解熱後であったとしても、
家族や同僚などにインフルエンザを広めないために、
しっかりと対策するのが大切です。

感染力がある咳を抑えるには、
やっぱりマスクが一番手軽だし効果があります。

オススメなのは、

不織布製タイプ

などのマスクです!

普通の布製よりも遮断効果が強く、
口周りをすっぽりと覆うことができます。

周りの人たちをインフルエンザから守るためにも、
簡単にできるマスク着用で、二次感染を防ぎましょう。

 

まとめ

インフルエンザを発症してしまうと、
強制的に、家で休まなければいけなくなります。

その場合、多くの会社では、
有給休暇を消化することで対応しています。

すごくツラくて休むしかないのに、
大切な有給を使わざるを得ないワケです。

なんとも、世知辛いですよね・・・。

だからこそ、普段からインフルエンザ予防をして、
健康な体調を守っていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です