換気扇の年末掃除の洗剤に重曹が優秀すぎる理由は?使い方も紹介!

スポンサードリンク

誰もが忙しい12月、師走の時期。

やっと仕事納めできたと思ったら、
大晦日まで数日しかないって方も多いはず。

そんな忙しい時の悩み事が、

どうやって楽に大掃除するか?

ですよね。

普段あまり掃除しない所もあるので、
かなり時間がかかってしまいがちです。

特に、『換気扇の油汚れ』は深刻!(´゚д゚`)

いつもシンクやコンロは掃除してても、
換気扇までは手が回せないですもんね。

そんな強敵な換気扇の油汚れの掃除に、
オススメしたい洗剤をご紹介します。

 

重曹が洗剤として優秀すぎる!

どこのドラッグストアでも買うことができる、
僕たちに身近な『重曹』

正式な化学名称は、炭酸水素ナトリウムといいます。

重曹は料理や肌のケアにも利用できる、
とっても安全な素材なんです♪

色んな市販の洗剤もあるにはありますけども・・・。

やっぱり体や環境への影響を考えると、
少しでも安全なものを使って掃除したいですよね。

そんな時に、重曹はとっても役に立ちます。

なぜ重曹が換気扇掃除に有効なのか?

換気扇などにつく油汚れは、
成分的には酸性となっています。

この酸性汚れというのは、とーっても落としにくい!

しかも、換気扇は毎日ホコリなども吸い込んでるので、
油汚れとがっちりくっつき、かなり強敵な汚れになっています。

こんな汚れを力だけで綺麗にするのは、
とっても労力が必要ですよね。

しかし、重曹を使えば簡単に落とせてしまいます。

その理由は、

重曹の成分が弱アルカリ性

だからです。

換気扇の油汚れが酸性、
重曹が弱アルカリ性。

相反する成分をしているので、
それらが接触すると、中和されるからなのです。

化学的な反応をうまく利用するので、
必要以上の力もいらず、簡単に掃除できるんですね(*´∀`*)

 

掃除で重曹を使う方法を紹介!

まず一番簡単なのは、

重曹水

を作ってスプレーする方法。

100均などで空のスプレー容器を買ってきて、
重曹と水を入れ、混ぜ合わせれば完成です。

それを換気扇に吹きかけて、
ブラシなどで磨くと綺麗になりますよ!

重曹水を作る時の文量は、

水100mlに重曹小さじ1杯

を基準にしてみてくださいね。

頑固な油汚れに!重曹のパワーアップ方法★

重曹水を使ってしっかり掃除すれば、
換気扇の汚れはだいたい綺麗になるはずです。

しかし、本当に頑固な汚れになっていた場合・・・。

ちょっと重曹水だけでは、
落としきれない部分も出てくる可能性があります。

そんな時には、重曹をパワーアップさせましょう!

①重曹ペーストを作る

作り方は重曹水とほぼ同じなのですが、
少し分量を変えていきます。

水1:重曹2

重曹を水の2倍くらいに調整して混ぜて、
20分ほど置いておきましょう。

するとドロドロのペースト状になります。

これが重曹ペーストと言い、
重曹水よりも洗剤としてのパワーが上がります。

この重曹ペーストを換気扇に塗り込み、
少しの間、時間をあけて放置しておきます。

30分くらい経ったら、
ペーストごと汚れを拭き取ってみてください。

面白いように汚れが取れちゃいますよ!

そして最後は水・お湯などで表面を洗い流し、
換気扇の掃除は終了になります。

②炭酸ソーダを作る

重曹水を温めて沸騰させたり、
重曹にお湯を混ぜたりすると、
炭酸ソーダができます。

この炭酸ソーダは重曹とは違い、
アルカリ性が強く変化しています。

その分、換気扇の酸性汚れには効果てきめん!

特にオススメな使い方は、

炭酸ソーダでのつけ置き洗い

です。

バケツなど大きい容器で炭酸ソーダを作り、
そこに換気扇を外してつけ置きます。

長くつけ置いた方がいいので、
夜、寝る前とかに作業するといいです。

そして、つけ置いた換気扇を取り出して、
汚れを洗い流せばオッケーですよ!

 

換気扇掃除で重曹を使う時の注意点

こんなに優秀な重曹ですが、
使う時にちょっと注意すべき事があります。

前にも書きましたが、重曹はアルカリ性です。

アルカリ性の成分は、
アルミを変色させてしまうことがあります。

なので、換気扇や掃除に使うバケツなどが、
アルミ製ではないか確認してから使用してくださいね。

また、重曹ペースト・炭酸ソーダを使う際は、
ゴム手袋を着用しておきましょう。

炭酸水とは違ってアルカリ性が強いので、
肌荒れの原因になってしまう可能性があるからです。

年末で忙しい中での換気扇掃除。

重曹を使ってサクッと簡単に終わらせる為にも、
しっかり準備してから、掃除してみてください★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です