ダサい入学式コサージュから卒業!つけるべき位置と色は?

スポンサードリンク

子供が進学する時の入学式は、
ママさんとしても楽しい式典ですよね。

フォーマルなイベントなので、
コサージュをつけるのが一般的ですが・・・。

最近、一部では、

『コサージュってダサくない?』

っという意見もチラホラあるみたい。

果たして、
コサージュってダサいものなんでしょうか?

入学式につけるコサージュについて、
情報をお伝えしていきますね。

 

そもそも「コサージュ」ってダサいものなの?

コサージュの歴史は古く、
なんと100年以上前からつけられています。

そして、ただの飾りではなく、
ある重要な役割を持っているんです。

それは、

喜びの感情を相手に伝える

というもの。

言葉だけでなく、
装いで喜びを表現するってステキですよね。

それに、コサージュをつけると非日常感を演出できます。

まさに入学式などの式典にぴったりで、
決してダサいものではありませんよ。

しかし・・・!

ステキなコサージュをダサくする、

間違ったつけ方
NGな色

は存在します。

せっかくコサージュをつけるなら、
ダサい見た目から卒業したいですよね。

なので、オススメのつけ方や、
入学式にふさわしい色などを紹介します。

 

コサージュをつけるべき位置と色は?

つけ方と色について、
それぞれ順番にお伝えしていきます。

 

つけるべき位置は?

コサージュを上半身の下につけすぎると、
重たい印象になり、ダサいです。

オススメは、

左胸の鎖骨あたり

がベスト!

人の目線は右側に行きやすいので、
左半身につけるのが◎とされています。

また、鎖骨あたりにつけることで、
自然と周りの人の目線も上になりますよね。

そうすると、とてもスマートに見え、
ステキな印象を与えられますよ。

 

つけるべき色は?

避けるべきは、

黒色
濃すぎるパステルカラー

などです。

どちらも入学式にふさわしくなく、
ダサい印象になってしまいます。

オススメなのは春らしい淡いカラー。

具体的には、

淡いイエローやピンク
ベージュ
シャンパンゴールド

などが挙げられますね。

最近は入学式に参加する時も、
暗めのスーツを選ぶママさんが増加中。

そんな時、色味のバランスを取るためにも、
明るいコサージュは必需品となっています。

春を感じさせるような、
淡く、優しい色をチョイスしましょう。

 

入学式のコサージュに関する情報まとめ

コサージュは、
とても伝統あるアクセサリーです。

入学式という非日常を演出する、
素晴らしい役割があります。

つけるか否かは自由ですが・・・。

つけない理由が「ダサいから」なのは、
少し、残念な選択だと思います。

ぜひ華やかなコサージュをつけて、
ステキな入学式にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です