小学生が卒業式に袴ってあり?女の子の髪型は?男児もいい?

スポンサードリンク

もうすぐ小学校の卒業式を迎える子供が、

『袴を着たい!』

っと言い出したら、どうします?

子供が着たいと言うならば、
親としても、ぜひ着せてあげたいですよね。

けども。

そもそも、小学校の卒業式で、
袴を着るのはありなんでしょうか?

卒業式の最新事情などを調べたので、
ここで紹介しておきますね!

 

小学生が袴を着るのはあり?

色々と調べた結果、

小学生でも袴はあり!

でした★

卒業式は式典であって、
袴は正装ですから、当然ふさわしい服装です。

なので、小学生が着たとしても、
まったく問題はありませんよ。

最近では袴派の生徒も増えてきているんです。

しかし。

通学している学校の規則などは、
前もってチェックしておきましょう。

中には、

『和服は華美すぎる』

っという理由から、
着用をNGにしている学校もあるのです。

さすがに、学校が禁止してるの着ていくと、
先生に怒られちゃいますからね(笑)

けども。

もし学校のルール的にOKならば、
ぜひ子供に袴を着せてあげましょう!

ちなみに。

袴はレンタルが安くてお得なので、
こちらのサイトなどをご覧になってみてください。

袴レンタルジャパン

袴で出席する前に準備すべきこと

小学校の卒業式にも、
袴で出席してもOKなのは分かりました。

けど、前もって準備すべきことがあるので、
紹介していきますね。

 

トイレへの行き方を教えておく

袴を履いたままのトイレは、
大人にとっても難関ですよね。

小学生だと、まさに初めての体験です。

なので、トイレへの行き方などを、
事前にお子さんに教えておいてあげましょう。

できれば、着付けが終わった後などに、
袴を着た状態で最終チェックできたら◎ですね。

 

着崩れしにくい動き方を教えておく

袴などが着崩れしてしまうと、
子供自身で直すのはなかなか難しいです。

なので、その予防策として、
着崩れしにくい動きを伝えておきましょう。

ポイントは「袴の持ち方」です。

例えば座る時。

袴のスリットに手を入れて、
後ろ側を少し浮かせてから座るといいです。

他にも、階段を上る時。

スリットに手を入れて、
階段で袴がすれたりしないように、
前側を少し持ち上げた状態で上ると着崩れしません。

こういった動き方のポイントを、
前もって教えておくと大丈夫ですよ。

もう卒業式を迎える、小学六年生です。

大人が思っている以上に、
子供も成長しているもの。

前持ってしっかり教えたことは、
十分、自分1人で行えるはずですよ。

 

袴で卒業式に出席する時の髪型は?

オススメなのは、

ハーフアップ

です★

横髪を後ろに束ねていって、髪留めをして、
後ろに自然にたらすのみ!

とっても簡単ですし、
小学生らしい可愛さが出せますよ。

ポイントは、

横髪をきっちり束ねすぎない

ということ。

少しラフな感じで束ねた方が、
優しい印象になってグッドです。

 

男の子も袴を着るのはありなの?

女の子だけでなく、
もちろん男の子もOKです!

最近では紋付き袴という服装で、
卒業式に臨む子も増えてきているんですよ。

男の子は女性よりも、
和服を着る機会は少ないです。

こういった卒業式で着ることは、
とても素晴らしい体験になりますよね。

男児用も袴レンタルジャパンにあるので、
早めに確認してみてください!

子供が袴を着たいという気持ち、

ぜひ尊重してあげてくださいね。

トイレとかは少し心配かもですが、
きっと、ちゃんと対応できるはずです。

ママさんはどっしりと構えて、
子供の成長を優しく見つめてあげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です