色紙&寄せ書きにひと工夫!デザインやアレンジの裏技は?

スポンサードリンク

別れのシーズンに贈る、色紙の寄せ書き。

普通の色紙もいいのですが・・・、
ちょっとありきたり感がありますよね。

『せっかくならひと工夫加えたい!』

あなたのこういった願いの為に、
オススメのデザイン・アレンジ方法をご紹介!

もらった人がずっと読み返すような、
インパクトのある寄せ書きにしちゃいましょう。

デザインは難しくないですし、
とっても簡単です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

色紙&寄せ書きのデザイン・アレンジの裏技は?

大きく分けると、
三パターンの方法があります。

①色紙自体をデザインする
②すでにデザインされた色紙を使う
③色紙以外に寄せ書きをする

それぞれの裏技について、
詳しく説明していきます。

 

①色紙自体をデザインする

必要なものは、
すべて100均で揃えることができます。

例えば、

マスキングテープ
色ペン

などなど。

こういったアイテムで、
色紙の外周をデコるだけでも効果抜群!

他にも、

ラインストーン
ガラスタイル

などのアイテムを、
ボンドで貼り付けるのもあり。

立体的なデザインになるので、
普通の色紙とはかなり見栄えがアップしますよ。

100均だけでも色んなデコグッズがあるので、
ぜひチェックしてみてください。

また。

贈る相手・友達の写真や、
雑誌の切り抜きを貼り付けるのもグッド。

ビジュアル感が増すので、
とっても華やかな雰囲気になります。

メッセージ毎に書いた人の顔写真を貼れば、
吹き出しっぽくなって面白いですよ。

どれも簡単なデザイン方法ですが、
一気に見た目がよくなるのでお試しを!

 

②すでにデザインされた色紙を使う

最近色んなショップにおいて、
デザインされた色紙が多く販売されています。

ジャバラ式の色紙だったり、
サッカーボール型、野球ボール型などなど。

バラエティに富んだデザイン色紙があって、
それを使うだけで差別化になります。

二つ折りタイプもありますので、
絵本のような寄せ書きを渡すことも可能。

色紙をデコる時間がない場合には、
こういったデザイン色紙を使うのもありですね。

 

③色紙以外に寄せ書きをする

普通、寄せ書きは色紙に書くもの。

その大前提を取っ払って、
まったく別の物に書いちゃいましょう。

色紙以外のものにするだけで、
相手にスゴいインパクトを与えられます。

最近ではコルクボードも人気上昇中です。

メッセージカード・シールなどにコメントを書き、
ピンで貼り付けていく感じですね。

スペースも広いので、
写真も大きく掲載できて◎

コルクボードですからそのまま飾れるので、
とても便利な寄せ書きと言えますね。

他にも、色紙以外の寄せ書き方法をまとめたので、
こちらを参考にしてください。

色紙以外の寄せ書きは?

 

色紙&寄せ書きのアレンジの裏技まとめ

デザインを少し工夫するだけで、
相手の驚き、喜びも大きくすることができます。

ですが。

やっぱり大前提にまず必要なのは、
相手の今後を応援する気持ちですよね。

寄せ書きをもらうタイミングは、
人生においてもキーとなる時期のはず。

そんな大切なタイミングに相応しい、
相手を思いやったコメントを書いてあげましょう。

きっと、喜んでくれるはずですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です