英語で寄せ書きはどう書く?色紙のデザインや例文が知りたい!

スポンサードリンク

最近はグローバル化が進んでいて、
職場や学校などで、身近に外国人がいる環境もよくありますよね。

日本人とは違った感性を持っているので、
話していても、すごく面白く刺激的です。

しかし。

そんな外国人の知人とも、
別れのタイミングはやってくるもの・・・。

職場だったら転職・退職だったり、
学校だったら卒業とかですね。

そういった別れの時期に、

『英語で寄せ書きを書きたいなぁ』

っと考えている方もいるはず。

日本語だと完璧に理解できないかもですし、
やっぱりここは、英語で書いてあげたいですよね。

英語を使って寄せ書きを書く際のポイントや、
デザインや例文についてまとめました!

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

そもそも「色紙・寄せ書き」って英語でなんて言うの?

まずはここから確認しておきましょう。

日本でおなじみの色紙・寄せ書きですが、
意外に英語でなんて言うか、知らないですよね。

調べてみたところ、

・色紙

message board / Signature board

・寄せ書き

message / message group efforts

っという言い方でした。

寄せ書きという文化は外国にもあって、
アメリカ、イギリスなど欧米でもよく贈られているそうですよ。

 

英語を使った寄せ書きの書き方は?

英語を使って書く場合でも、
基本的には日本人向けと同じ内容になります。

①今までの感謝
②過去のエピソード
③将来に対するメッセージ

これらの3点について、
完結に書いてあげるのがスマートです。

そして、なるべくポジティブな言葉を使い、
相手の気分を上げることを意識したいですね。

そして。

ぜひ使いたいのは、

Dear ●●●

という冒頭の言い回し。

「親愛なる●●●」という意味になり、
より丁寧なメッセージになります。

 

色紙の真ん中などのデザインは?

色紙の真ん中には、

相手の写真・似顔絵

などをレイアウトしましょう。

そしてメインメッセージとして、

『Many thanks to you.(本当にありがとう)』

といった感謝の言葉、
それを完結に添えるのがオススメです。

 

英語の寄せ書き例文は?

先ほど紹介した、
①~③の内容に沿って紹介しますね。

 

①今までの感謝

 

Thank you for everything , until now.

Thank you for all of your help.

 

→ありがとうございました。

もちろん「Thank you!」でもいいのですが、
色んな言い回しを知っておきましょう。

 

②過去のエピソード

It was a pleasure to work with you.

→あなたと一緒に仕事ができてよかったです。

I’ve enjoyed studying with you.

→あなたと一緒に勉強できてよかったです。

過去に一緒に体験したことなどを、
ポジティブなトーンで伝えてあげましょう。

 

③将来に対するメッセージ

May your all wishes come true.

→あなたの全ての夢が叶いますように。

Good luck with your business!

→仕事がんばってね!

I’m always on your side

→いつも応援していますよ。

別れた後には、
相手は新しい生活に踏み出していきます。

その新生活に対して、
応援する意思を伝えましょう。

 

英語の寄せ書きに関するまとめ

英語が苦手な場合には、
なるべくシンプルな文章にしましょう。

あまり内容を凝りすぎてしまうと、
間違った解釈をされてしまう可能性もあります。

シンプルなメッセージだとしても、
きっと相手は喜んでくれるはずです。

心を込めて、書いてあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です