ひな祭りに飾る菱餅に隠された由来・意味は?5色の地域も?

スポンサードリンク

雛人形の道具の一つとしても飾る、菱餅。

子供の頃から、

『何で餅を飾るんだろう?』

っと不思議に思っていました。

何でこの形?
何でこの三色?
そもそもこれって食べられるの?

子供ながらに疑問に思いながら、
せっせと飾っていた記憶があります。

大人になってみても、
意外に菱餅の由来・意味って把握してないもの。

この機会に色々と調べてみたので、
まとめて紹介していきますね。

 

菱餅に隠された由来と意味は?

菱餅のルーツは、
昔の中国の風習にありました。

古来、中国では、
上巳節(3月の行事)にお餅を食べて、
災いから身を守ろうとしていました。

その際、食べられていたのは、

母子草(ははこぐさ)

という草で、
お餅も緑色をしてたんですね。

その風習が日本に伝わった際、
母子草から、よもぎに材料がチェンジしました。

現在の日本でも、
緑色の餅=よもぎのイメージが強いですよね。

そして。

菱餅が今のような三色になったのは、
江戸時代に入ってからでした。

白色=菱の実
赤色=クチナシ

これらの食材がそれぞれの色に使われ、
菱餅は三色になったのです。

 

3つの色が持つ効能・意味

3つの色には、
それぞれ効能・意味があります。

緑色
→効能:血を増やす
→意味:健康、大地

白色
→効能:血圧を落ち着かせる
→意味:清純、雪

赤色
→効能:解毒
→意味:災いを避ける、桃

どれも無病息災に繋がるもので、
菱餅はとても縁起のいい存在だったのです。

ちなみに、
菱餅の色の順番にも意味があるんです。

多くの地域では、

下から「緑→白→赤」

という順番です。

これは、

『新しい緑の葉が雪の下に隠れていて、
その上には桃の花が咲き誇っている』

という情景を表現しています。

また、一部の地域だとこの順番が代わり、
下から「白→緑→赤」となります。

その場合は、

『雪から新緑が芽を出し、
桃の花も一層咲き誇っている』

というような解釈になるのです。

順番は変われど、
表現するのは3月の季節の情景。

日本が持つ豊かな季節を感じられて、
とても風流な表現ですよね。

 

なぜ菱餅はあの形になったのか?

菱餅があの形をしてる理由には、
色んな説が存在しています。

一説には、

『菱の実を食べて長生きした仙人にあやかった』

『足利家がかつて食した餅の形を模した』

などなど。

その中でも有力なのは、
菱餅は『心臓の形を模している』という説です。

心臓に模した餅を飾り、食すことで、
より一層の健康・長寿を願ったとされています。

 

菱餅が5色の地域がある?新しい2色の意味は?

地方によっては、
菱餅が5色の場合もあるようです。

その際、

黄色
オレンジ

の色が追加されます。

全体的な順番は「緑→白→赤→黄→オレンジ」となります。

新しい色の意味は、

黄色
→月

オレンジ
→太陽

を表しているとのこと。

確かに、緑を「雪の下の新緑」と考えれば、
色の順場に沿って、高度が上がって行ってますよね。

黄色を月、オレンジを太陽と見るのは、
かなり説得力のある説と言えるでしょう。

 

菱餅に隠された由来・意味などのまとめ

菱餅一つ取ってみても、
そこに隠された意味は奥が深いです。

古来より、無病息災・幸福を叶えるため、
色んな願いを込めてきたのでしょうね。

とっても縁起のいい、菱餅。

ぜひ今回のひな祭りには、
キレイに飾ってあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です