雛人形をコンパクトにしたい!本格的7段をリメイクする方法は?

スポンサードリンク

昨今の住宅事情の変化などにより、
雛人形の飾り方も、大きく変わってきています。

以前は七段飾りが普通で、
豪華に飾っている家庭も多かったですが・・・。

都会のマンションに住んでると、
ちょっと七段を置くスペースはないですよね。

けど、雛人形を飾ってあげたいのが親心です。

そもそも、

雛人形が持つ古来からの役割は、

『災いの身代わり』

というものです。

人形を川に流し、無病息災を願う、
流し雛という風習からスタートしています。

現代の雛人形において、
身代わりの役割があるのは『お内裏様』のみ。

なので!

ぶっちゃけお内裏様だけ飾っておけば、
雛人形として、全く問題はないんですよね。

その他のお人形については、
飾りの部分でしかありません。

そこで!

本格的な七段飾りの雛人形を、
コンパクトにリメイクしちゃいましょう。

少しでもサイズダウンして、
マンションでも飾れるようにしたいですね。

 

本格七段飾りをコンパクトにリメイクする方法は?

基本的には、
二通りの方法があります。

①人形店などのプロに依頼
②自分でケースを買ってリメイク

それぞれの方法について、
詳しく記載していきますね。

 

①人形店などのプロに依頼

人形店に依頼した場合には、

残すべき道具類などのチョイス

が正確・確実です。

コンパクトにリメイクする際にも、
お内裏様だけでなく、他の道具類は欲しいですよね。

どういった道具を残し、
どういった道具を処分すべきか?

全体のサイズなどを考慮しつつ、
丁寧に選んでもらえますよ。

相談を受け付けていない場合もあるので、
近隣のお店に、まずは一度相談してみてください。

 

②自分でケースを買ってリメイク

道具類を自分でチョイスする必要はありますが、
オリジナリティを発揮する機会でもあります。

全体のバランスを考えながら、

『どうしようかな~♪』

っと悩むのも楽しい時間ですからね。

本格七段飾りをリメイクする際には、
ぜひケースを購入しましょう。

一段などの平飾りになると、
ケースがある方が見栄えがします。

ちなみに。

雛人形のケースには、

ガラス製
アクリル製

の二種類が販売されています。

アクリル製はガラスよりも軽く、
割れにくくて丈夫なメリットがあります。

特にガラス製にこだわりが無ければ、
ぜひアクリル製を検討してみてください。

一点注意して欲しいことは・・・。

雛人形はケースに入れて飾ると、
雰囲気がガラッと変わる場合があります。

ケース枠の色味だったり、
全体的なサイズのバランスなどが影響します。

なので、購入前に飾った時をイメージし、
しっかり吟味するようにしましょう。

 

リメイクで余ってしまった人形の供養・処分は?

本格的な七段飾りをリメイクすると、
余る人形も出てきますよね。

それをただ捨ててしまうのは、絶対にNGです。

今までの思い出が詰まっていますから、
最後までしっかり対応しましょう。

方法としては、

・供養する
・買い取ってもらう
・寄付する

の三種類がメイン。

神社での供養も盛んですし、
海外でも雛人形は人気がありますので、
寄付する方も増えています。

詳しい情報についてはこちらの記事を参考にしてください。

雛人形の供養・処分について

 

雛人形をコンパクトにリメイクする方法のまとめ

雛人形は飾ってなんぼ、です。

コンパクトにリメイクしたい気持ちは、
飾ろうとする姿勢の表れです。

余った人形はしっかり供養すれば、
全く問題ありませんからね。

あまり心配しすぎず、
リメイクした雛人形をちゃんと飾ってあげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です