雛人形ケースのみって販売してる?割れた時のケース修理方法は?

スポンサードリンク

雛人形の飾り方って、
時代や住居環境によって変化しますよね。

昔は七段飾りとか、
ビックサイズが普通でした。

しかし。

最近はマンションに住む方も増えて、
一段の平飾りをチョイスする場合も多いです。

平飾りなどの小さいタイプだと、
ケースが付随していることもありますね。

ホコリなどが積もらず便利ですが・・・。

ケースがガラス製だと、
扱ってるうちに割れてしまうことも(´゚д゚`)

そんな時、

『雛人形ケースのみの販売ってあるの?修理できるの?』

っと疑問に思いますよね。

それに、雛人形だけは持っていて、
ケース飾りにしたい!っという方もいるはず。

そこで!

雛人形ケースのみの販売があるか?
ケースの修理は可能なのか?

こちらの2点について、
しっかりと調べてきました。

 

雛人形のケースは単体で販売している?

調べてみたところ、
ケースのみの販売はしています!

雛人形の大手・久月などでも、
ちゃんと売られていましたよ\(^o^)/

ケースを購入する際には、
必要な内寸など、サイズミスのないようご注意を。

他にもミスしがちなのが、

全体的な雰囲気

です。

手元にある雛人形と、
雰囲気・バランスの合うケースを選びましょう。

しっかりと想像力を膨らませて、
ケースに飾った時をイメージする必要があります。

ケース枠の色は?
親王台とサイズは合うか?
お内裏様のバックにくる背面の色は?

などなど。

雛人形をケースに入れると、
それまでと少し雰囲気が違ってきます。

できるなら直にケースを見て、
吟味してから購入したいですね。

 

ガラスとアクリルどっちがいい?

今まではガラス製が一般的でしたが、
最近は、アクリル製も増えてきています。

丈夫で割れにくく、
ガラスより軽いのが大きなメリット。

子供が倒してしまった場合や、
片付ける時の労力などを考慮すると、
アクリル製の方がオススメです。

ぜひ店舗などでチェックしてみてください。

 

手持ちのケースが割れてる場合は修理できる?

ケースが割れてしまったら、
とにかく購入店に一度相談しましょう。

修理を受け付けている場合には、
そのまま頼んでしまうのが早いです。

もし、購入店で修理が無理だった場合。

雛人形関連の修理業者も多くあるので、

『地域名 雛人形のケース 修理』

などで検索してみましょう。

ケースにもよりますが、
だいたい3,000円が相場となっています。

修理をしてもらう際には、
ケースの「枠」がとても重要になってきます。

枠が破損している
枠とガラスが直接接着している

こういった場合には、
修理が難しくなるケースが多いです。

ですが、素人目だと判断がつかないので、
まずは店舗に相談して、詳しく状況を伝えるのがベストですよ。

 

雛人形ケースの販売や修理についてのまとめ

・雛人形ケースのみの販売はしている
・ケース修理も可能な場合が多い

今回お伝えしたい情報をまとめると、
このようになります。

ちなみに。

割れたケースを捨てる場合には、
ちょっと注意が必要です。

地域によって「粗大ゴミ」か「燃えないゴミ」か、
判断が違ってくるからです。

捨てる前には一度確認し、
正しいゴミの種類で出すようにしましょうね。

人形をホコリなどから守り、
キレイな状態で飾ることができるケース。

ぜひ購入を検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です