雛人形はいつ供養すべき!?処分時期などの正しい方法は?

スポンサードリンク

雛人形はひな祭りのメインですよね。

立派な雛人形があるご家庭は、
ずっと大切に飾ってきているはず。

しかし。

娘の結婚や、新居への引っ越しなどで、
雛人形を取り巻く環境は変わってきますよね。

そもそも。

雛人形が担っている役割は、

『子供に降りかかる厄災の身代わりとなること』

となっています。

だから娘がめでたく結婚したら、
既に、雛人形の役割は果たしていると言えます。

それに、手狭な家に引っ越した場合、
物理的に飾るのが難しくなったりもします。

そういった場合には、
雛人形の供養・処分も検討しないとですよね。

しかし・・・!

縁起物である雛人形、
どうやって供養すればいいのでしょう?

処分するための、
正しい方法・時期はあるのでしょうか?

思い入れのある雛人形だからこそ、
詳しい情報を知ってから、対応したいですよね。

今回、供養・処分の方法について調べたので、
まとめてご紹介していきます。

 

雛人形の正しい供養・処分の方法とは?

雛人形は、長く災いを引き受けてくれた存在です。

供養・処分をする際にも、
失礼のないようにしたいですよね。

雛人形を供養・処分する時期

調べたところ、

『雛人形を供養・処分すべきなのはこの時期!』

っという、
明確な決まりはありませんでした。

なので、それぞれの家庭状況に合わせて、
自由に供養などをして問題はありませんよ。

色んなシチュエーションが考えられますが、

・娘が成人or結婚した
・引っ越しで飾るスペースがなくなった
・娘が新しい家庭に持っていったが、飾るスペースがなくなった

これらの3つのタイミングが、
多くの人が供養・処分を考える時期のはずです。

『残念だけど、今後飾るのは難しい』

こういった考えに至った際は、
雛人形の供養・処分を進めていきましょう。

 

雛人形の供養・処分の方法

メインとなるのは、
こちらの3つの方法です。

①神社で供養してもらう

全国の神社などで、
雛人形の供養は行われています。

郵送でも受け付けている場合も多く、
遠方でも心配ありません。

供養の手数料は、

約5,000円

あたりが相場となっています。

ただ、供養してくれるのは人形だけで、
道具類は別で処分しないとダメなケースもあるので要注意。

全国の供養してくれる神社がまとまっているので、
こちらのサイトのご確認ください。

雛人形を供養してくれる神社

近くの神社にまずは問い合わせして、
詳細をチェックしてみましょう。

②買い取ってもらう(業者・オークション)

今まで大切に飾ってきた雛人形。

どうせなら処分などはせずに、

『誰かに譲って今後も飾って欲しい』

っという考えの方もいるはず。

そういった場合には、
専門の買取業者やオークションを利用しましょう。

雛人形などを専門にする業者もいますし、
オークションで安く買いたい方も存在します。

しかし。

業者の場合には、

『古く価値のある人形のみ可』

っという店舗も多いので注意が必要です。

まずは近くの業者を調べて、
買い取り可能か聞いてみましょう。

③寄付をする

雛人形を寄付するという形で、
他の方に有効利用してもらう手段もあります。

例えばこちらの団体。

ワールドギフト

国内・国外問わず、
色んな地域に寄付することが可能です。

意外に雛人形は海外でも人気なので、
大切に飾ってもらえるはずですよ!

雛人形の供養・処分方法などのまとめ

今まで長い間、
災いから守ってくれた存在、雛人形。

ぞんざいに扱うのは絶対にNGです。

最後まで心を込めて感謝しつつ、
供養・処分の対応をしていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です