高齢者施設のひな祭り!用意するおやつは?レク&ゲームはする?

スポンサードリンク

ひな祭りは3月の大切な季節行事です。

高齢者施設にいる方々にも、
ぜひイベントとして楽しんで欲しいですよね。

高齢者に喜んでもらうには、
当日どんな事をすればいいのでしょう?

オススメなのは、

・おやつ(グルメ)
・レク&ゲーム

の二軸で考えていくことです。

しっかりとひな祭りの準備をして、
素晴らしい時間を過ごしてもらいましょう。

 

高齢者施設でオススメなおやつレシピ

高齢者にオススメなのは、

菱餅をあしらったおやつ

です!

菱餅の形は「心臓」を表していて、
長寿を願う意味で、昔から食べられてきました。

施設にいる高齢者の方々にとって、
ぴったりのおやつですよね。

今回は和風の菱餅おやつレシピを用意しました!

●米粉を使った菱餅おやつ

材料

米粉  500g
お湯  500cc
食紅  適量(緑・赤)

※だいたい40個分(菱餅サイズ:3cm)

作り方

①、米粉とお湯をボウルで混ぜ合わせる

※「耳たぶの固さ」を目安にする

②、柔らかくなったら三等分にしておく

③、食紅を加えて「緑・赤・白」の生地を作る

④、クッキングシートを広げる

⑤、④の上に、下から「緑→白→赤」の順で生地を伸ばす

※麺棒などでゆっくり優しく伸ばしましょう

⑥、タコ糸などで生地を菱形に切り分けていく

⑦、切り分けた生地を約10分蒸したら完成!

完成品には味がないので、
お好みで砂糖醤油を付けてみてください。

昔ながらの甘じょっぱい味がして、
とても美味しいですよ。

 

高齢者施設でオススメなレク&ゲーム

ひな祭りの主役といえば、
やっぱり「雛人形」になりますよね。

高齢者の方々も昔、
家で何度も飾ってきたことでしょう。

なので。

ひな祭りのお飾り準備を手伝ってもらうだけでも、
立派なレクリエーションになります。

昔のことを思い出すきっかけになりますし、
完成品を見ると、すごく達成感を感じられますからね。

もし余裕があれば、
ぜひ手作りお飾りにも挑戦してもらいましょう!

折り紙を使って、
簡単にお内裏様を作る方法があります。

こちらの動画を参考にして、
楽しく工作してもらっちゃいましょう。

https://youtu.be/undF41gHZJY

また他のレクとして、
記念撮影はぜひしたいですね。

お内裏様風の衣装をレンタルしてきて、
順番に着てもらいながら写真撮影!

人数が多ければ、従業員の方だけが衣装を着て、
全員集合しての撮影でもいいですね。

そして、お楽しみのひな祭りゲーム。

オススメなのは、

蛤合わせ

です!

蛤の貝に同じ絵を2つずつ描いていき、
見えないように裏返します。

後は現代の「神経衰弱」と同じルール。

絵柄が合えば自分のものになり、
最終的に一番多くゲットした方の勝ちです。

平安時代から伝わるゲームなので、
ひな祭りにぴったりと言えるでしょう。

 

高齢者施設のひな祭りについてのまとめ

高齢者の方々にとっても、
ひな祭りは色んな思い出があるはず。

当日はその記憶が蘇ってきて、
楽しい思い出話に花が咲くでしょうね。

昔のことを思い出すのは「回想法」と呼ばれ、
認知症予防にも効果があります。

おやつやレクを通じて、
ぜひ色んなことを話してもらいましょう。

きっと、ひな祭りを楽しんでもらえますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です