子供向けにひな祭りを簡単な説明で教えるコツは?

スポンサードリンク

ひな祭りのルーツ・由来について、
詳しくご存知でしょうか?

お子さんがいらっしゃる場合、

『ねぇねぇ、なんでひな祭りにお人形かざるの?』

っといった質問されたら、
ちゃんと答えられるでしょうか?(笑)

ちょっと自信ない・・・という方も多いはず。

昔から知っているひな祭りですが、
詳しい由来とかは、あまり調べないですもんね。

けども。

子供に聞かれたらしっかり教えたいし、
日本のよき文化として、子供にぜひ知っておいて欲しいですよね。

そこで!

まずはひな祭りの由来などをしっかり把握しましょう。

その後に、子供向けに簡単に説明できるよう、
伝え方のコツなどを紹介していきます。

 

ひな祭りが始まった由来・意味は?

ひな祭りという文化の根本的なルーツは、
古来、中国の風習にあります。

昔の中国では、
3月3日に体を洗って清めることで、
災いを取り除こうとする風習がありました。

それが日本に伝わってきた際、

体を洗う→人形を川に流す

という形に変化していったのです。

日本風のこの風習は、

流し雛

と呼ばれていました。

そして、時を同じくして、
日本で“ある遊び”が流行します。

それは人形を使った遊びで、
現代の「ままごと」のようなものでした。

この遊びは当時、

ひいな遊び

と呼ばれていたんですね。

日本の職人のレベルが上がるごとに、
人形の作り、着物のデザインも洗練されていきます。

そういったタイミングで、

流し雛とひいな遊びが合体!

します。

人形を川に流すのではなく、キレイに飾ることで、
1年の無病息災、幸福を祈るようになりました。

こういった流れで、
現代のようなひな祭りが成立したのですね。

つまり。

ひな祭りを行うのは、

人形に身代わりになってもらい、
子供の幸せを願う

という意味が込められていたのです。

 

子供向けに簡単な説明で教えるコツは?

まずはひな祭りの由来・意味について、
詳しく紹介してきました。

後はそれらの情報をシンプルにして、
かみ砕いて伝えていきます。

子供向けの説明として、
一つ、例文を書いてみますね。

『昔の人はね、川にお人形さんを流して、
 健康や幸せを願ってたんだよ~』

『お人形さんが身代わりになってくれて、
 悪いことから守ってくれると考えていたんだね』

『同じ時期に、キレイなお人形を使った遊びが流行ったの』

『今のままごとみたいな遊びだったんだって』

『そこで、お人形さんを流すのはやめて、
 今みたいにキレイに飾るようになったんだよ~』

例えば、こういった流れになります。

ただ、子供は言葉だけだとイメージしにくいので、
説明にもう一工夫してみましょう。

オススメなのは、

簡単な絵を書いて紙芝居風にする

というもの。

言葉+絵での説明になれば、
子供たちも格段に理解しやすくなりますよ!

 

ひな祭りを簡単な説明で教えるコツのまとめ

紙芝居風にする時ですが、
本当に簡単な絵でまったく問題ないです。

絵の上手さではなくて、
伝えようとする気持ちが大切。

子供の為に一手間を加える姿勢があれば、
きっと、ひな祭りをちゃんと理解してくれますよ。

素晴らしい由来があるひな祭り文化を、
ぜひしっかり伝えてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です