幼児でも超簡単に工作!ひな祭りのお飾り作りにチャレンジ!

スポンサードリンク

娘の成長を祝う、ひな祭り。

毎年楽しく、
華やかなイベントですよね~。

去年からの成長が明確に感じられて、
とても気分になれると思います★

そんなひな祭りですが、
今回はお飾りを手作りしてみてはいかがでしょう??

簡単な工作であれば、
幼児でも簡単にできちゃいます!

一生懸命に子供が作ってるとこを見ると、
ほんわかして、感動すること間違いなし(*^^*)

いくつか作り方を紹介しますので、
見ていきましょう。

 

幼児でもできる簡単なひな祭り工作

今回は分かりやすいように、
動画で工作手順を確認できるものにしました。

幼児と一緒に、
見ながら作ってみてくださいね。

 

ユラユラと可愛く揺れるお内裏様

材料

画用紙or折り紙
紙コップ    4個
カラーモール  2本
色ペン     好きな色

作り方

①、紙コップの下をカット(3分の1くらいの幅)

②、紙コップに黒ペンで顔を描く

③、髪の毛も描く

※男雛・女雛で生え際を変化させると差別化しやすい

④、モールを取り出し、ペンにそってぐるぐる巻きにする

⑤、胴体用の新しい紙コップの底に、④をセロハンテープで貼り付ける

※「男雛の顔・胴体」と「女雛の顔・胴体」、
 合計で4個の紙コップを用意

⑥、胴体用コップに画用紙などで服を着せる

⑦、顔用コップを上から乗せれば完成!

顔をツンッと突っつくと、
ユラユラと揺れて可愛らしいですよ。

 

折り紙ですぐに作れるお雛様

材料

折り紙 2枚(ピンク・青など)
黒ペン

作り方

①、折り紙を対角線に半分に折る

②、折り紙を一度開く

③、①でできた折り目に向けて、左右の二辺を折る

④、余白の部分を、③で折った部分を覆うように折る

⑤、④で折った辺と逆側から、大きく折り曲げる

⑥、左右から、⑤で折った部分を覆うように折る

⑦、立てかけやすいよう、底辺を少し折り曲げる

⑧、顔になる部分に黒ペンで目などを描いて完成!

ちょっと文章だけだとイメージしにくいので、
こちらも動画を一緒にご覧ください。

https://youtu.be/R7VIN-RjgvU

 

ひな祭りの工作を簡単にレベルアップさせる方法

簡単に作れる工作を紹介しましたが、
ちょっとした一工夫で、もっと華やかな雰囲気を出せます。

例えば、

画用紙・折り紙を「和柄」にしてみる

などです。

ひな祭りは日本古来の文化ですから、
やはり、和柄の雰囲気がぴったり。

普通は「緑・白・赤」のひな祭りカラーを使いますが、
少し渋めの和柄模様もありですね。

特に、お内裏様の着物部分などに使えば、
グッとデザインが引き締まりますよ。

色使いをちょっと変更するだけで、
十分に工作の出来栄えはレベルアップします。

ぜひぜひ!
ワイワイと楽しく工作してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です