ひな祭りパーティーをもっと楽しくするアイデア6選!

スポンサードリンク

ひな祭りパーティーを主催することになった、あなた!

初めての主催だったら、
かなりワクワクしちゃいますよね。

せっかく開催するんですから、
皆が楽しめるパーティーにしたいもの。

ひな祭りの場合はちょっと特殊で、
参加者の年齢層がかなり広いですよね。

なので、

子供と大人どちらも楽しめること

がポイントになってきます。

そのためのパーティーを楽しくするアイデアを、
いくつかまとめて紹介しますね★

 

ひな祭りパーティーをもっと楽しくするアイデア6選!

ここでお伝えするアイデアは6個!

どれも難しくありませんから、
順番に確認していってくださいね。

 

手作りの雛人形で雰囲気アップ

100均などで折り紙を買ってきて、
簡単に雛人形を手作りしちゃいましょう。

やはり、雛人形はひな祭りの主役です。

パーティー会場となる自宅に飾れば、
ムードもよくなりますよ。

3分で雛人形を作れる折り方があるので、
こちらを参考にしてください。

簡単な雛人形の折り方

 

100均でOK!ひな祭り仕様の飾りつけ!

最近、多くの100均では、
ひな祭りグッズがよく販売されています。

全体的なカラーを、

緑・赤・白

に統一していけば、
一気に華やかになりますよ。

壁にはデコレーションテープを飾り、
テーブルコーディネートも抜かりなく準備しましょう。

テーブルクロス
ランチョンマット

などの便利アイテムも、
100均で揃っちゃいますからね。

詳しい飾りつけ方法はこちらになります。

お部屋をひな祭り仕様に飾りつけ!

 

料理も「ひな祭り感」溢れるものに!

料理もただ作るだけでなく、
見た目にもこだわってみましょう。

定番グルメのちらし寿司を、

菱餅っぽいフォルム

にしちゃうとか★

型は空いた牛乳パックで代用できるので、
気軽に作れちゃいます。

材料

米            2合
すし酢      2杯(大さじ)
鮭フレーク    30g
菜めし(ふりかけ)2杯(大さじ)
いくら      適量
錦糸卵      適量
牛乳パック    1個

作り方

① 米とすし酢で「すし飯」を作り、三等分する

②、鮭フレーク・菜めしを混ぜて「白・赤・緑」の三色にする

③、牛乳パックの内側を濡らす(米のひっつき防止)

④、下から「菜めし・すし飯・鮭」の順で詰める

⑤、詰めたら、上に錦糸卵・いくらをトッピングして完成!

他にも、

きざみ穴子
いんげん

などを上にトッピングすると、
もっと彩り鮮やかになりますね。

 

参加者と一緒に手作り!ひな祭りスイーツ

料理はしっかり準備しますが、
スイーツはあえて完成させないもアリです。

最後の一手間を参加者と一緒にやって、
楽しく手作りしてみては?

手軽でオススメは、

アイシングクッキー

ですね。

クッキー生地だけは焼いておいて、
デコレーションを参加者と挑戦しましょう。

慣れたら塗り絵感覚でできるので、
きっと楽しんでもらえるはず。

アイシングクッキーの用意については、
こちらを参考に。

アイシングクッキーの作り方

 

みんなで一緒に記念撮影!

ひな祭りパーティーですから、
参加者もオシャレしているはずです。

その様子を写真に撮って、
記念として残しましょう。

デジカメで撮影して、すぐ印刷できたらいいですね。

もしくは、

チェキ

などのカメラがあると、
子供が喜ぶこと間違いなしです。

色ペンなどを用意して、
チェキの写真にイラスト・メッセージを書いたら楽しいですよ。

 

BGMとして映画を流そう!

パーティーという場には、
BGMがあるともっと盛り上がります。

ただの音楽ではなく、
映画をBGM代わりにしてみましょう。

子供も大人も好きな、

ジブリ映画

などがオススメです。

子供が一生懸命に映画を見てくれると、
大人はトークに集中できますよね(笑)

 

ひな祭りパーティーを楽しくするアイデアまとめ

ちょっとした一工夫によって、
パーティーの盛り上がりは大きく違ってきます。

『どうしたら楽しんでもらえるかな?』

参加者のことを考えながら、
今回の記事を参考に準備してみましょう。

きっと大成功しますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です