つるし雛に隠された意味&由来が知りたい!飾り方&しまい方の正解は?

スポンサードリンク

デパートなどの雛人形売り場に行った時、
ゆらゆら揺れてる、吊るされた人形を見たことありませんか?

あれは『つるし雛』と呼ばれるもので、
雛人形と同じく、ひな祭りに飾るものなんです。

この名称は、
どこかで聞いたことあるかもですね。

見た目もすごく可愛らしくて、
華やかで、子供が喜びそうなつるし雛。

一体どんな由来・意味が込められているのでしょう?

『ぜひ飾りたい!』

っと思った方のために、
飾り方・しまい方の正解もお伝えします。

 

つるし雛に隠された由来&意味は?

見た目の可愛いつるし雛。

その歴史はかなり古く、
江戸時代からスタートした風習になります。

つるし雛の発祥は伊豆にある、
稲取温泉という場所。

江戸時代には雛人形はかなり高価なものでした。

しかし。

『子供のために何か飾ってあげたい』

っと思うのが親心ですよね。

そこで!

雛人形の代わりに、
家族が集まって手作りした人形。

それが、つるし雛だったんです★

確かに、手作り特有のあったかい雰囲気があり、
見ているだけで優しい気持ちになれますよね~。

つるし雛の人形に込められた意味

つるし雛の全体的なテーマは、

子供が衣食住に困らないように

というもの。

将来に渡って健やかに過ごせるよう、
気持ちを込めて作られてきたんですね。

つるし雛として飾られる人形には、
たくさんの種類があります。

それぞれに異なった意味があるので、
一覧にして紹介しましょう。

●うさぎ

うさぎの赤色の目には、
霊的なパワーがあるとされていました。

芯を持った人間に育ち、
たくましく生きて欲しいという意味があります。

●犬

犬の出産は、
かなりスピーディな部類になります。

子供の将来の安産を願い、
作られたとのことです。

●イノシシ

イノシシは昔から子宝の象徴。

また、その肉は万病に効くとされ、
無病息災を祈ったそうです。

●這い子人形

赤ちゃんがはいはいしている姿を模した、
とっても可愛らしい人形。

子供に元気に育って欲しい、
親心から作られています。

●ほうずき

ほうずきの実などには、
女性にまつわる病に効能があります。

健康で過ごせるように、
つるし雛として飾られているのです。

●手毬(てまり)

ころころと丸い手毬。

その形のように、まるーく、
幸せな円満家庭を築いて欲しいという意味です。

●猿

「さる」という読み方にかけて、
災いがさるように、という願いが隠されています。

他にもたくさんの人形がありますが、

すべて子供の幸せを願う、親心から作られています。

 

つるし雛の飾り方&しまい方の正解は?

つるし雛は、ひな祭りの風習です。

なので。

飾り始める時期は雛人形と同じで、

2月4日~中旬まで

が正解となります。

その飾り方には、
大きく分けて2パターンがあります。

●つるすパターン

つるす用の台が、
お店で一般的に販売されています。

つるし雛を下から見上げるようになり、
伝統的な楽しみ方を味わえます。

●台置き・床置きパターン

こちらは高さはないですが、
その分、安定性はバツグンです。

色んな場所に置くことができるので、
部屋が手狭な場合にも楽しむことができます。
ちなみに。

つるし雛のしまい方ですが、
3月4日以降、早めに片付けましょう。

カビなどを防止するために、
湿度の低い、晴れた日がベストです。

 

つるし雛の由来&意味などのまとめ

子供の幸せを願い、
古くから作られてきたつるし雛。

華やかな雰囲気がひな祭りにピッタリだし、
見た目も可愛いですよね。

台置きパターンだとマンションでも飾りやすいので、
ぜひ今回のひな祭りでは、つるし雛も検討してみてはいかがでしょう?

雛人形とはまた違った雰囲気で、
子供も絶対喜んでくれますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です