雛人形の飾り方や方角の正解は?七段・三段で違う?関西・京都では?

スポンサードリンク

ひな祭りに飾る雛人形。

あれって沢山の人形がありますが、
どうやって飾ればいいか、ご存知でしょうか?

色んな道具とかもありますし、
飾り方とか、結構難しそうですよね。

古くから行われている風習ですし、
雛人形を飾る方角とか、縁起のいい向きとかもありそう・・・。

中には七段バージョン、三段バージョンとかあって、
飾り方の違いもちょっと難しいですよね。

そこで!

雛人形の基本的な飾り方について、
色々と調べてみました!

関東や関西など、地域によって違いもあって、
なかなか興味深い結果になってますよ。

ちなみに。

雛人形を飾る時期は、

2月4日(立春)
2月19日(雨水の日)

がベストとされています。

もし、これらの日に飾れなかった場合、
遅くとも2月24日前後(ひな祭りの1週間前)には、
出しておくべき、とのことです。

ひな祭りの前日に出すのは「一夜飾り」と呼ばれ、
礼を逸した行為になるので、注意してくださいね。

それでは、雛人形の飾り方の情報など、
順を追って説明していきます。

 

雛人形を飾る場所・方角は?

飾る場所については、
特に明確な決まりはありませんでした。

家に和室があればそこがベストですが、
都市部のマンションだと、難しい場合も多いですよね。

そういった時には、
リビングに置くのもありです。

雛人形へのカビ防止のため、

・高温多湿を避ける
・クーラーの風が当たらない場所

という2つの条件を参考に、
飾る場所を探してみてください。

そして、雛人形の飾る方角について。

こちらに関しても、
古くからの決まりごとはありませんでした。

ですが、神棚を飾る方角と同じ、

南・または東向き

が良いという考え方もあるようです。

家の北側の方に空いたスペースがあれば、
そこに置いて、南・東向きに飾るとよいでしょう。

 

雛人形の飾り方は?

七段バージョン
三段バージョン

これら2つのバージョンに分けて、
飾り方を紹介していきますね。

飾る時にオススメしたいことが1つ。

それは、

お飾りを取り出す際に写真を撮っておく

というもの。

雛人形には色んなグッズが付随してくるので、

『あれ、この部品はどの箱に入ってたかな?』

っという感じで、
片付ける時に分からなくなる場合があります。

なので。

取り出す際に「箱と中身をセットで」写真に撮り、
分かりやすくしておきましょう。

 

七段飾り

●1段

お内裏様(男雛&女雛)

ここに飾るのはお内裏様なので、
分かりやすいと思います。

向かって左→男雛
向かって右→女雛

基本的にはこの飾り方なので、
左右を間違えないようにしてくださいね。

他には「屏風」「ぼんぼり」などのアイテムもあるので、
設置していきましょう。

ちなみに。

関西・京都などでは、
お内裏様の左右が逆になる場合もあります。

向かって左が男雛になった由来は、
以前、新聞に昭和天皇の写真が掲載されたこと。

その際、昭和天皇は欧米の風習にならい、

向かって左→天皇
向かって右→皇后

という並びで撮影されたそうです。

その並び方を参考にして、
雛人形のスタンダードが決まったとのこと。

関西・京都などの地域においては、
それ以前の、旧来の方法を取っている場合もある、ということです。

●2段

三人官女

飾り方は左から、

加銚子
→右手を握り、左手はパー
→鍋を持っている

三方
→1人だけ座っている、眉がない
→島台を持っている

長柄銚子
→両手どちらも握っている
→長い柄の銚子を持っている

という順番になります。

桜餅がグッズとしてあれば、
三人官女それぞれの間に設置しましょう。

●3段

五人囃子

飾り方は左から、

太鼓
→前に太鼓が置かれている

大鼓
→大鼓を脇に抱えている

子鼓
→小鼓を肩に背負っている


→笛を持っている


→扇を持ってる

という順番になります。

●4段

右大臣左大臣

ここ!

ちょっとしたひっかけ問題なので、
注意してくださいね。

『右大臣?右に置けばいいよね』

っと考えそうですが、
これがまったくの逆になります。

右大臣(若者)
向かって左

左大臣(老人)
向かって右

こういった飾り方になります。

これはつまり、

お内裏様から見た左右

を基本にしているからなんですね。

右大臣と左大臣の間には、
菱台・御膳などを置いていきましょう。

●5段

仕丁

この仕丁と呼ばれる人たちは、
雛人形の中で「唯一の民間出身」の雑用係。

しかも、彼らは無報酬だった・・・とか。

そういった背景もありまして、
仕丁は感情豊かに、喜怒哀楽を表しています。

飾り方は左から、

台傘
→泣いている顔

沓台
→怒っている顔

立傘
→笑っている顔

という順番になります。

うーむ。

彼らも色んな感情を持って、
仕事をしていたんでしょうね(笑)

●6段、7段

雛道具

色んなグッズがありますが、
特に並べ方に決まりは無いとされています。

なので、全体のバランスを考えながら、
好きに飾ってみてください★

 

三段飾り

七段飾りにおける、

1段
2段
6段・7段

を使って飾っていきます。

飾る順番などは七段飾りと同じなので、
上記の説明を参考にしてください。
そして。

無事に雛道具を飾ることができたら、
完成品を写真に納めておきましょう。

そうしておけば、
来年以降の飾り付けがぐんと楽になります。

 

雛人形はいつ頃までに片付ける?

2月中から飾っておいた雛人形、
片付けるタイミングはいつなのでしょう?

基本的には、

ひな祭りの翌日(3月4日)

となっています。

雛人形へのカビ防止のために、
よく晴れた日が望ましいとのこと。

しかし、あまり長く飾っておくと、
娘の「婚期が遅れる」という噂もありますからね。

ここはご自身の予定と相談しつつ、
なるべく早く片付けるようにしてください。

 

雛人形の飾り方や方角のまとめ

最初はなかなか大変な作業ですが、
一度飾って、写真撮影しておけば後は楽です。

完成品は華やかですし、達成感もあるので、
ぜひ楽しみながら飾ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です