彼がダイエット中でも渡せるバレンタインチョコ!手作りするのもあり!

スポンサードリンク

毎年バレンタインデーがあるのは、
寒さも厳しい2月ですよね。

その少し前、年末年始あたりには、
忘年会・新年会で飲む機会がたくさんあります。

なので、バレンタインの時期になると、

『ダイエットしなきゃ・・・』

っと思い始める人も多いのです。

もしかしたら。

まさにチョコを渡すつもりの彼が、
ダイエット中という女性もいるかもですね。

『頑張ってるし、チョコあげると迷惑かな?』

っというように、
チョコを用意するのを躊躇してるかも?

ですが。

甘いものはダイエットの息抜きになるし、
せっかくだから、彼にも楽しんでほしいですよね。

そんな、カロリーを抑えたい時でも渡せる、
オススメのチョコをお伝えしましょう。

 

ダイエット中にオススメのチョコとは?

チョコの原料で欠かせないのは、

カカオ豆

ですよね。

このカカオ豆自体には、
太ってしまう要素はかなり少ないです。

逆に、ポリフェノール・食物繊維も豊富で、
健康にいいとされています。

やっかりなのは、

砂糖
生クリーム

などです。

糖質、脂肪分などが多く膨れていて、
ダイエット中には控えるべきものです。

なので、この砂糖や生クリーム少なめならば、
カロリー制限していても、気軽に食べることができますよ。

 

低カロリー!オススメの市販チョコ

糖限郷
生チョコレート

834円

砂糖は不使用!
無塩バターなどを用いることで、
脂肪分もかなり抑えられたチョコです。

100%純度のカカオマスを使っているので、
素晴らしい香り、そして大人な苦味を楽しめます。

糖質量はかなり少なめで、
一粒で0.4グラムほどとなっています。

●ドクターズチョコレート

540円

こちらも砂糖は使っていない逸品。
糖尿病の患者さんでも楽しめるチョコレートです。

コレステロールもゼロなので、
ダイエット中でも心配なしですね。

●チョコ屋

ノンシュガーチョコレート

1,762円

マルチトールをいう天然甘味料、
パーム油の代用として、クーベルチュールを使用。

もちろん糖類もゼロですし、
個包装1個で、47カロリーという低さ。

一つずつチョコが分けてあるので、
カロリーも把握しやすくて優秀なチョコです。

 

ダイエット中なら手作りするのもあり

市販チョコを買うのもいいですが・・・。

自分で手作りしてしまえば、
材料も調整できるのでおすすめです。

低カロリーな食材でいうと、
やっぱり豆腐は外せないですよね。

意外に生クリームの代用品にもなるので、
ぜひ使ってみてはいかがでしょう。

例えばこちら。

豆腐を使った低カロリーな生チョコ

材料
・ココアパウダー 適量
・チョコレート  200グラム
・豆腐(絹)   50グラム

まずはチョコを叩いて、
ある程度小さくしちゃいましょう。

その後は、それを豆腐と一緒に、
ミキサーにかけていきます。

あまり全体的な分量が多くないので、
たまに止めて、スプーンで混ぜると効果的。

しっかりとペースト状にまでなったら、
後はお好みの型に流し、冷蔵庫にイン!

固まったら一口サイズに切って、
ココアパウダーをふりかけて完成です。

簡単なのに、ヘルシーで美味しくて、
ダイエット中の彼も喜んでくれるはずですよ♪

 

ダイエットしてても渡せるチョコまとめ

少しの工夫や、チョコの選び方次第で、
カロリー制限中の彼を喜ばせることは可能です。

今回紹介した市販チョコだったり、
自作レシピで、楽しいバレンタインを過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です