節分でいわし・ひいらぎ(柊鰯)の飾り方はどうする?意味や由来は?地域によって違うの?

スポンサードリンク

節分とは昔の大晦日だったこともあり、
新年に向けての厄除けの風習が多く残っています。

一番有名なのは豆まきですが、
柊鰯(ひいらぎいわし)を飾る家庭も多いですよね。

なかなか面白い見た目なのですが、
どうやって柊鰯を飾るのが正解なのでしょう?

どんな意味や由来が発端となり、
いわしなどが飾られたのでしょうか。

柊鰯(ひいらぎいわし)を飾るのは玄関

古くから邪気などの災いを呼ぶ存在は、
玄関から入ってくるとされています。

なので、

柊鰯を飾るのも玄関が正解

となります。

飾り方はあまり厳密な決まりはなく、
テープや紐で止めたり、置いておくだけでもOKです。

ただ、一軒家ではなくマンションとかですと、
鰯の匂いが周りに行かないか、ちょっと不安ですよね。

そんな場合には、
玄関の中においてもアリですよ。

柊鰯については飾り方はかなり自由で、
気楽に飾ってしまっていいのが◎ですね。

柊鰯を飾るのはいつ?

毎年の節分、
2月3日の当日に飾るのがいいです。

正月のお飾りなどにおいては、
前日である、大晦日に飾る「一夜飾り」もNGとされてますが・・・。

節分の柊鰯は当日でもいいので、
この辺も大らかですよね。

ちなみに。

地域によっては節分当日ではなく、
小正月とされる1月16日に飾るところもあります。

飾った後に片付けるのはいつ?

これも地域によって、
色んな外すタイミングがあります。

例えば、

・節分の翌日、2月4日
・2月末まで
・翌年の節分まで
・猫が鰯を食べるまで(笑)

などです。

最後の猫頼みのタイミングとか、
なんとも面白いですよね(*´∀`*)

他にも、柊鰯は縁起物でありますから、
取れるまでは飾っておく、という意見もあります。

これはなるほどな~と思っちゃいますよね。

 

外した柊鰯はどう処分すればいい?

やはり柊鰯も縁起物なので、
その処分方法に迷ってしまいますよね。

メインの方法としては、

・神社でお焚きあげしてもらう
・玄関先に埋めてしまう
・焼いて灰にしてから玄関に盛っておく

などなど。

どんと祭りを行っている神社などに持参し、
お焚きあげをしてもらうのが、気持ち的にも一番オススメ。

やっぱり自分で捨てるのは、
ちょっと気が引けますもんね。

どうしても捨てなければいけない状況なら、
半紙を用意して包み、塩で清めておきましょう。

その後に捨てれば大丈夫ですよ。

 

気になる柊鰯の意味や由来

古くからの考えとして、

尖っているもの
匂いが臭いもの

などには、
魔を取り払う力があると考えられていました。

鰯も匂いに特徴ありますし、
柊なんてトゲがスゴいですもんね。

柊にいたっては「オニの目突き」なんていう、
別名も与えられちゃってます。

いや~言葉だけ見ると恐ろしい(´゚д゚`)

しかしだからこそ、
魔除けの力があると思えますよね。

そもそも、昔の日本では門守(かどもり)といい、
門口に魔除けを起き、家族を守ろうとする風習がありました。

柊鰯もその門守の風習の1つで、
今までずっと残ってきたんですね。

古くには平安時代、
紀貫之の書いた土佐日記にも、
柊鰯の記述が残っていたりします。

他にも江戸時代に描かれた浮世絵にも見られ、
昔から日本に根付いた文化だったことが分かります。

 

柊鰯は自作するのがオススメ

鰯には、その身だけでなく、
焼いた時の煙の匂いも魔除けになるとされています。

なので、どこかで完成品を買うのではなく、
自作するのが効果的には一番オススメ。
①スーパーで鰯を買う

身と頭を切り離し、
身の方はご飯として食べちゃいましょう。

②花屋で柊を買う

あんまり買う機会ないですけど、
ちゃんと花屋に置いてありますよ。

③エラから目にかけて柊を突き刺す

これで完了です!

それほど難しい作業ではないので、
ぜひ試してみてはいかがでしょう★

 

節分の柊鰯の飾り方などのまとめ

・柊鰯を飾るのは玄関

・飾り方は自由(置くもよし、テープで止めるもよし)

・柊、鰯ともに魔除けの効果があるとされていた

・煙も魔除け効果があるので自作がオススメ

なかなかインパクトある見た目の柊鰯ですが、
家族の安泰を想う、優しい気持ちが溢れているものです。

これからも文化を繋いで行くためにも、
ぜひ飾り続けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です