2017年の七草粥はいつ食べるのが正解?朝の理由と作り方は?

スポンサードリンク

毎年、お正月をすぎた頃に食べる、
七草粥ってありますよね。

けど、具体的にいつ食べるのが正解なんでしょう?

1年に1回のことだから、
意外に忘れちゃいますよね~。

そこで、七草粥を食べる正確な日にちと、
由来や作り方まで調べてみましたよ!

 

2017年七草粥を食べるのは1月7日

七草粥は、

人日の節句

に食べるのが正解です。

人日(じんじつ)と読み、
2017年の1月7日は土曜日の週末となっています。

なぜ人日の節句に食べるの?

まず人日の節句というのは、
中国から伝えられた「五節句」の1つに数えられるもの。

五節句とはそれぞれ、

1月7日
人日(じんじつ)

3月3日
上巳(じょうし)

5月5日
端午(たんご)

7月7日
七夕(しちせき)

9月9日
重陽(ちょうよう)

という5種類になっています。

人日とは字の通り、「人の日」。

人間を大切にして健康を願い、
1年の無病息災を祈るべき日とされていました。

中国ではそんな人日の節句に、
7種類の野菜を食べる風習があったのだとか。

それが日本に伝わったのは、
かなり昔の平安時代です。

当時は豊作を願う意味合いが強く、
米や粟などが食べられていました。

その風習が、日本の「若菜摘み」という文化とミックスされ、
現在にも通ずる七草に定まったのです。

時代としては、鎌倉時代あたりとされています。

七草粥って具体的にどんなもの?

七草に選ばれたのは、
以下のようなラインナップです。

セリ
→食欲増進してくれる香りのよさ

ナズナ
→解熱と利尿作用がある(ぺんぺん草)

ゴギョウ
→風邪予防に効果あり(ははこぐさ)

ハコベラ
→ビタミンAを含み腹痛に◎

ホトケノザ
→食物繊維いっぱい(たびらこ)

スズナ
→ビタミンたっぷり(かぶ)

スズシロ
→消化を助けてくれる(大根)

昔、家庭科のテストで出た記憶があります(^_^;)

ホトケノザあたりが、
答えられなかったような・・・(笑)

それにしても。

七草の効果効能がすばらしいですし、
栄養的にも、正月で弱った体にピッタリですよね。

昔の人はよく吟味したんだな~っと、
思わず感心してしまいます。

 

七草粥を朝に食べるのはなぜ?理由は?

基本的に、七草粥は朝に食べるものとされています。

その理由としては、

『6日の夜から七草を切って準備しておいて、
7日朝に美味しくいただく』

というのが、
本来の七草粥の食べ方だからです。

ですが。

年始の仕事も始まっている時期ですし、
なかなか朝に時間を作れないかもしれませんよね。

そんな時は無理をせずに、
夕飯などで七草粥をいただいてもOK。

自分のタイミングで美味しくいただいて、
正月で弱った体に栄養をあげましょう。

 

簡単に作れる七草粥のレシピ

七草粥を一番美味しく作れるのは、
土鍋を使う方法です。

しかし、そこまで手をかける余裕はない・・・。

そんな時にオススメなのは、
炊飯器を使った簡単な七草粥レシピです。

材料と作り方はこちら!

【2~3人用】
七草粥のセット(お店で買えるもの)
米:一合
塩:適量
ほんだし:小さじ2杯

お米を洗ったら、炊飯器にセット。

ここで「おかゆモード」分の水を入れましょう。

そしてカットした七草と、
塩、ほんだしを一緒に投入します。

後は「おかゆモード」で炊飯したら出来上がり♪

忙しい時でも作れる、
とっても簡単な七草粥です。

 

七草粥を食べる日・レシピのまとめ

歴史的にもすばらしい文化ですし、
何より、正月明けの体に優しい七草粥。

炊飯器でサクッと作って、
美味しくいただいちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です